「ボブの絵画教室」について語ります! ~超スピードで油絵が完成!?~ 

一瞬で山が生まれた……!? すごいぜボブ・ロス! youtubeで全話見られる!

というわけで、今回はアメリカのテレビ番組「ボブの絵画教室」について語ります。日本でも翻訳されて放映されていて、20年以上前の番組に関わらず今でも根強い人気を誇ります。

そして、実はyoutubeに公式チャンネルが開設されていて全話見られるんですよ! 知ってました? 英語だけで吹き替えは無いけど、お絵かき番組なんで大して気にならないでしょう。

Bob Ross
The official YouTube channel of "The Joy of Painting" and Bob Ross. Watch and paint along with every episode of The Joy of Painting! Happy painting! You've s...

チャンネル登録109万以上、合計再生数約1億2000万! すごいぜボブ!

初めてみるって人でも、1回見ればその魅力と面白さが分かるはず

Bob Ross – Mountain Summit (Season 13 Episode 10)

さて、動画さえ見ていただければ私ごときが文章で説明する意味も薄く、この記事は終わったも同然ですが……一応は解説と私の感想なども書いてみます。

ボブの絵画教室

「ボブの絵画教室」、原題:The Joy of Paintingは1983年から1994年にかけてアメリカPBSテレビで放送されたテレビ番組。そして、この番組に出演して有名になったのがボブ・ロス(Bob Ross)なのです!

もじゃもじゃのアフロヘアー&たっぷりヒゲという分かりやすく特徴的な外見、穏やかでユーモアのある語り、低くしぶい声、そして何より独自に開発した驚異の画法。そりゃ大人気になりますわな。いいキャラしすぎ。

1942年にフロリダ州デイトナビーチで誕生。1961年からアメリカ空軍に20年在籍。主にアラスカに駐在し、この時期の体験が雪山や針葉樹林などのモチーフになったとされます。そして、1995年にリンパ腫のため52歳で逝去。

52歳……若い。もっともっと、この人の絵と番組が見たかった……

驚異的な完成スピードと、ボブ・ロス画法

この番組でやはりすごいのは、30分の間に油絵の立派な風景画が描きあがってしまうこと! 普通はそんな短時間で下絵も無しに絵は完成しないし、特に油絵って時間かかる形式なのに……すごいよボブ。

特に山が作られていくシーンは感動するしかない。下塗りの上に灰色の絵具をドカドカドカ塗り始めて「ボブ!? 大丈夫かい……?」となるんだけど、そこから白い絵具を塗りだすと一瞬にして堂々たる山脈が生まれてくる。やばい。平面的だった灰色の塊が、雪の積もった山に早変わり。

なんというか光と影の見せ方が上手すぎるというか。油絵の動画だけど、デジタルのイラスト描く人にも参考になるのでは。

あとは水辺もすごすぎる。青い下塗りに植物と岩などを描いていって、下にスススっとブラシでぼかすと……いつのまにか水面になってる!?

これらを可能にするのが「ボブ・ロス画法」(Bob Ross method)。油彩画を描は一度絵具を塗ったらそれが乾くまで待ってから塗り重ねるのが基本。これに対してボブ・ロス画法は乾燥を待たず湿ったまま絵具を重ねる「ウェット=オン=ウェット」といわれる手法を最初から最後まで使うことで時間短縮。

さらに、大胆で単純なハイライトの乗せ方・ブラシを使ったぼかしなどを使うことでとんでもないスピードで油絵を完成させることが可能。

作風が人によって違うのは当たり前だけど、独自の「画法」までを生み出しちゃうのはすごいですよねぇ。もはや発明。とんでもない工夫と努力。

ボブはトークにも茶目っ気があり、絵を描く楽しさと偶然に対する前向きな気持ちを教えてくれます。番組の原題「The Joy of Painting」を直訳すれば、「絵を描く喜び」。ただ上手く作るだけのテクニック講座じゃないのが人気の秘訣でしょう。

でも、「ね、簡単でしょう?」とか言われても上手すぎて一般人には真似できないし、「心のままに描けばいいんですよ」を下手な人間がやると絵にならないよボブ。

う~ん……すごいぜ、ボブの絵画教室。すごいぞ、ボブ・ロス!